一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン(DIA Japan)について

DIAは米国、欧州に次いで1994年に日本での活動を開始致しました。それ以来、産・官・学そして患者さん達の間でのオープンな意見交換ができる場として活発に展開されてきており、現在約1,200名の会員を有しています。

2012年に現在の一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパンとなり、完全な非営利団体となりました。医薬品を中心とした医療に携わる企業、アカデミア、規制当局のボランティアの人たちが、研究開発、ライフサイクルマネジメント、レギュラトリーサイエンスに関して、極めて実務的で、かつオープンな意見交換を行うための中立な場や教育活動を提供することで、専門領域や地域を超えた活動を支えています。

また、産・官・学そして患者さん達の間に、今後のイノベーション促進のために役立つ人的ネットワークが形成されることにも貢献しています。

組織構成

DIA Japanは、医薬品を中心とした医療に携わる企業、アカテミア、規制当局のボランティアの方々により運営されており、組織構造は以下の通りてす。

日本諮問委員会(Advisory Council of Japan)

ACJ議長 小林和道

ACJ議長 小林和道

日本諮問委員会は、DIA Japanの更なる発展に向けて日本におけるDIAの活動方針を決定し、本部理事会に対して戦略的な情報提供や助言、提案を行っています。国内で開催される各種会議、トレーニングは、日本諮問委員会とDIAJapanとの議論に基づき企画され、会議、トレーニング毎に編成されるボランティアからなるプログラム委員会によって具体化、実施されます。

コンテンツ コミッティー(Contents Committee)

コンテンツ コミッティー は、DIA Japan が主催する会議、トレーニングについて、日本における実施の可能 性や開催意義、具体的なプログラム内容などや、その他広く DIA Japan の活動全般について、ACJ に対し提 案や実践に向けてのサポートを行います。また、コンテンツ コミッティーは次世代の ACJ メンバー候補とな ります。

オペレーションチーム(OperationTeam)

オペレーションチームは、コンテンツコミッティーの下部組織として若い世代のボランティアで構成され、若手を代表し、DIA Japan の諸活動の実行をサポートすると共に DIA Japan の活動に対する具体的な改善策等 の提案及び遂行に努めます。

日本での活動

統計、DM、薬事、安全性、臨床、更にはCMC、PMの各専門領域において、グローバル性と中立性を有するDIAならではのカンファレンス、ワークショップ、トレーニングコースを提供することを通して、医薬品を始めとする医療用製品の開発などの前進と発展に資することを目指しています。各イベントの詳細については、イベント情報をご覧ください。

DIA Japanへのアクセス

住所:
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町 2-3-11
日本橋ライフサイエンスビルディング 6 階

最寄駅からのアクセス:

  • 東京メトロ銀座線/半蔵門線「三越前」A6出口より徒歩3分
  • JR総武快速線「新日本橋」5番出口より徒歩3分