本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

プログラム概要:
近年、第4次産業革命を背景に、医療用製品の研究開発やライフサイクルマネジメントの分野においても、人工知能、ビックデータ、医療情報やゲノム情報の利用に代表されるような新しいアイデアや手法、技術の創造と活用により、我々の社会に新たな価値や大きな変化を生み出す様々なイノベーションの取り組みが始まっています。
イノベーションには破壊的イノベーションとよばれる、これまでの既存慣習や手法を劇的に変化させるものと、一方で持続的イノベーションとよばれる、既存路線の延長上にあり様々な技術革新を用いた製品やサービスの向上をもたらすものに大別されますが、重要なことは、様々なイノベーションを支える最新の技術や取り組みを積極的に学び、私たちが現在行っている業務が将来的にどのように変わっていくのかを常に考え、新しい変化に対応するスキルとマインドセットを醸成していくことです。同時に、イノベーションによってもたらされる新たな価値や変化が、本当に患者さんや人々の健康と福祉の向上に役立つものであるのか?それぞれのステークホルダーが今一度、原点に戻って一緒に考える必要があるのではないでしょうか。 第17回日本年会では、“イノベーションの先にあるもの”をテーマに掲げ、産官学に患者さんも含めた各ステークホルダーが最新の技術や取り組みについて学び、かつその目指すべきものについて原点に立ち返って議論を行うことで共通の目的を再認識し、更なる価値のあるイノベーションの発展につなげていく機会を提供したいと考えています。
なお、今年の日本年会では、年会自体にも大きな変化が必要だと考え、DIA会員の皆様からの一般公募によるセッション提案に基づきプログラムを作成することとしました。医療用製品の研究開発やライフサイクルマネジメントの分野における成功や失敗事例を含めた皆様の貴重な経験からの学びやこれからの課題等についてオープンに議論していきたいと考えています。
各ステークホルダーからの専門的なテーマやそれぞれの立場を超えたクロスファンクショナルなテーマの提案に期待しています。
皆様のアイデアを元に理想のセッションを企画・実行し、一緒に魅力のある日本年会を実現しましょう。皆様の積極的な応募をお待ちしております!

演題募集中  >>フライヤーはこちら

今年は、完全公募制に切り替わります!

セッショントピックス

募集期間:2020年1月16日(木)~3月16日(月)
採用通知:2020年4月


ポスター

募集期間:2020年1月16日(木)~4月16日(木)
採用通知:2020年5月


応募要領:詳細はこちらから
本募集についてのお問合せ:ディー・アイ・エー・ジャパン
03-6214-0574 | JapanAnnual@DIAglobal.org

.