本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

イベントお申込方法

イベント情報 Evetn Information

  • DIA Japanイベントカレンダー

お知らせ

「第1回DIA再生医療製品シンポジウム」プログラム公開のお知らせ(8/5)

  • 2016年12月16日に開催いたします「第1回DIA再生医療製品シンポジウム ~実用化をめざして 産学官の挑戦~」のプログラムを公開しました。
  • 会議プログラム(英日)はこちら
  • オンライン登録(英語)はこちら

DIA Japan Operation Teamメンバー募集のお知らせ(8/1)

  • この度、Operation Teamのメンバーを増員するため、広く公募することとしました。
  • 『DIA Japanの活動をサポートしたい!』、『同世代の若手と意見交換したい!』、『Operation Teamに入って、DIAで活躍されている方々と交流を深めたい!』という方がいらっしゃいましたら、こちらのOperation Team情報、応募要件をご確認の上、DIA Japan(E-Mail: Japan@DIAglobal.org)までご応募ください(応募締切:8月31日)。
  • DIA Japan Operation Teamメンバー募集要項はこちらからダウンロードをお願いします。

「第13回DIA日本年会」プログラム公開のお知らせ(7/25)

「第13回DIA日本年会」ウェブサイトのご案内(7/15)

「第6回DIAカーディアックセーフティ・ワークショップ」申込受付開始のお知らせ(7/12)

黒川達夫先生(前ACJ議長)が7月1日付でDIAのPresidentに就任されました。(7/13)

「第2回DIA Health Technology Assessmentワークショップ」申込受付開始のお知らせ(6/21)

「第13回DIA日本年会」展示についてのご案内(6/1)

  • 第13回DIA日本年会展示専用サイト:こちら
  • 日本年会を含めた今後のDIAイベントの展示のご案内:こちら

「第13回DIA日本年会」一般演題の募集について(5/31)

  • 第13回DIA日本年会の一般演題の公募は5月31日で締め切りました。たくさんのご応募を有難うございました。

「第13回DIA日本年会」一般演題の募集について(4/25)

  • 11/13-15開催の第13回DIA日本年会の一般演題(口頭発表・ポスター発表)を公募することとなりました。奮ってご応募ください!演題募集要項はこちらからご覧下さい。

「第6回DIAプロジェクトマネジメント・トレーニングコース」申込受付終了のお知らせ(4/20)

  • 5月17-18日開催の「第6回DIAプロジェクトマネジメント・トレーニングコース」は定員に達したため、申込み受付を締め切らせていただきました。多くの方々にお申込みいただき、ありがとうございました。

「第5回 DIA CMC フォーラム」プログラム公開のお知らせ(3/25)

「第9回DIA Regulatory Affairsトレーニングコース」受講生募集開始のお知らせ(3/17)

「第4回DIAクリニカルオペレーション・モニタリングワークショップ」展示申込み締切のお知らせ(2/19)

「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)」開催のご案内(2/9)

  • 2016年2月29日(月)にRDD日本開催事務局の主催により、新丸ビル3Fアトリウムにて「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)」が開催されます。
  • 詳細につきましてはこちらのウェブサイトをご覧ください。

「第6回DIA添付文書ワークショップ」申込受付終了のお知らせ(2/8)

  • 2月10日(水)開催の「第6回DIA添付文書ワークショップ」は定員に達したため、申込み受付を締め切らせていただきました。
  • 多くの方々にお申込みいただき、ありがとうございました。

「第2回DIA医療機器開発シンポジウム~2016~『日本発、世界へ!』」開催のお知らせ(1/22)

  • 3月17日(木)に日本橋ライフサイエンスハブにて「第2回DIA医療機器開発シンポジウム~2016~『日本発、世界へ!』」を開催いたします。
  • 会議プログラムはこちら

「第19回DIAクリニカルデータマネジメント・ワークショップ」展示申込み締切のお知らせ(11/26)

  • 2016年1月28日-29日開催の「第19回DIAクリニカルデータマネジメント・ワークショップ」の展示はブースが埋まったため、お申込みを締め切りました。
  • 会議へのお申込みは引き続き承っておりますので、奮ってご参加ください。会議プログラム(英日)はこちら
  • 現在、2016年3月3日~4日開催の「第4回DIAクリニカルオペレーション・モニタリングワークショップ」、4月13日~14日開催の「第10回DIAアジア新薬カンファレンス」の展示申込みを受付中です。お申込みをお待ちしております!詳細はこちら

「第19回DIAクリニカルデータマネジメント・ワークショップ」プログラム公開のお知らせ(11/24)

「第12回DIA日本年会」当日受付のご案内(11/13)

WCP2018開催のご案内(10/2)

  • 2018年7月1日~6日に日本臨床薬理学会と日本薬理学会の主催により、京都で「WCP2018」が開催されます。
  • 詳細につきましてはこちらのウェブサイトをご覧ください。

事務所移転および電話・ファックス番号変更のご案内(9/11)

  • TEL(9/14以降):03-6214-0574
  • FAX(9/14以降):03-3278-1313
  • 地図:こちら

よくある質問を更新しました。(9/8)

「第19回DIAクリニカルデータマネジメント・ワークショップ」演題応募期間延長のお知らせ(8/24)

  • 2016年1月に開催いたします第19回DIAクリニカルデータマネジメント・ワークショップの演題提出期限を8/31まで延期いたしました。奮ってご応募ください!
  • 詳細はこちら(演題提出期限:2015年8月31日/選考結果通知:2015年9月30日)
  • 演題提出先はこちら

「第12回DIA日本年会」の展示サイトを公開いたしました!(8/5)

  • 第12回DIA日本年会展示サイト:こちら
  • 第12回DIA日本年会ウェブサイト(日本語):こちら

「第12回DIA日本年会」プログラム公開のお知らせ(7/28)

慶應義塾大学の黒川達夫先生(前ACJ議長)が7月1日付でDIAのPresident Elect(次期プレジデント)に就任されました。(7/13)

アカデミア向け年会費のお知らせ(6/29)

村尾 典昭氏がDIAフェローに選ばれました(3/4)

「第12回DIA日本年会」フライヤー公開のお知らせ(3/3)

会員費改定のお知らせ(2/6)

2012年4月1日 DIA Japan一般社団法人設立のお知らせ

DIA Japanは本年4月1日より、一般社団法人ディー・アイ・エー・ジャパンとして、日本での活動を継続、展開することとなりました。非営利性が明確になる ことにより、DIA Japanがより幅広く様々な分野において、他の組織、団体などとも協働して活動する機会が増え、医薬品を始めとする医療用製品の開発などの前進、発展の ためになお一層のお役に立つことができれば幸いです。

会員へのお誘い

DIAとは

DIAは全世界に18,000人以上の会員を有する、医療用製品の研究開発、ライフサイクルマネジメントに関わる専門家のための、米国に本部のあるグローバルな非営利団体です。

世界中の人々の健康と福利の向上のためのイノベーションを促進することを使命とし、DIAは医薬、バイオテクノロジー、医療機器の分野のあらゆる領域の専門家に対し、そのキャリアと専門技能のレベルアップに役立つ、タイムリーで信頼できる情報を提供します。

また、DIAはグローバルに、いかなる組織や規制当局からも影響を受けない中立的な情報交換の場を提供することにより、企業、規制当局、アカデミアおよび患者団体の間での、重要な課題に対する情報並びに意見交換とコラボレーションの促進を図ります。DIAは財政的にも自立した非営利団体であり、その資金は会員からの参加費および会議参加費によって賄われており、DIAの提供する会議やトレーニングは、会員並びにスピーカーの方々のボランティア活動によって支えられています。

DIA Japanについて

DIAの日本での活動は、米国、欧州に次いで1999年に日本事務所が設立されて以来、産官学そして患者さんの間でのオープンな意見交換ができる場として活発に展開されてきており、現在約1,200名の会員を有しています。

その活動は、内資、外資系製薬会社、PMDA、アカデミアからのボランティアの方々により運営されており、統計、DM、薬事、安全性、臨床、更にはCMC、PMの各専門領域において、グローバル性と中立性を有するDIAならではのカンファレンス、ワークショップ、トレーニングコースを提供することを通して、医薬品を始めとする医療用製品の開発などの前進と発展に資することを目指しています。各イベントの詳細については、上記のイベント情報及びイベントカレンダーをご覧ください。

  • 日本年会
  • カンファレンス・ワークショップの開催:クリニカルデータマネジメント、添付文書、アジア新薬開発、カーディアックセーフティ、CMCフォーラム、クリニカルオペレーション・モニタリング、リスクマネジメント、医薬品開発に携わる全ての方のための基礎統計講座など
  • トレーニングコースの提供:薬事、FDA IND/NDA、プロジェクトマネジメント、欧州医薬品規制など

ツイート

アクセス

インフォメーション
  • 住所
    〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング6階
  • [ 駅からのアクセス ]
    三越前駅 A6出口 徒歩3分 (東京メトロ:銀座線/半蔵門線)
  • [ お問い合わせ先 ]
    • Tel. 03-6214-0574
    • Fax. 03-3278-1313